防水下地工事

防水工事は、建物を雨や雪、紫外線等から守り保護する工事です。
防水工事には、アスファルト防水、シート防水、ウレタン防水、FRP防水など、様々な種類があり、工事の内容により下地工事の内容も異なります。

■アスファルト防水
アスファルト防水は、構成繊維不織布に、アスファルトを含浸・コーティングしたシート状のルーフィングを貼り重ねていき、形成する工法です。

■シート防水
シート防水は、品質管理された工場でシート状に製造されているため、寸法等のばらつきが少なく均質な防水層の形成が可能です。
また、耐久性に優れているので、露出された場所にも使用できます。

■ウレタン防水
ウレタン防水は、防水材を流し込み、乾燥後は伸縮率の高いゴム状の物質になります。
その為、地震等による建物の動きに強く、ヒビ割れを抑えられます。
繋ぎ目が無い仕上がりになるので、シート防水のような継ぎ目からの漏水や剥がれはありません。

■FRP防水
FRP防水は、ガラス繊維などの強化材で補強されたプラスチックで、強度、耐水性、成形性が優れている為、船、バスタブ、屋根材等として使用されます。
出来上がった防水層は繋ぎ目のないシームレスな層となりますので、非常に優れた防水性能を発揮します。